BOKUの簡単ンまい飯ブログ

ンまい~簡単な料理レシピを紹介してます

生クリームで優しい酸味!「トマクリ煮込みハンバーグ」

どうも、ぼくです。

 

引き続き、クリスマスにぴったりなレシピを載せていきますよ~!ちなみに本日は、我が家のハンバーグ四天王のうちの一人(?)のご紹介です👏

「トマクリ煮込みハンバーグ」

…え?どこら辺がクリスマスっぽいかって?

赤と白がサンタっぽいでしょ🎅笑

 

トマト缶を使ったトマトソースは酸味が強くなりがちなんだけど、このレシピは生クリームを加えるので優しい味に仕上がります✨

 

煮込んでいる間は「トマトソース、多すぎね?」って思うんですけど、煮詰めて出来上がったソースを、ハンバーグ3~4個に絡めると、意外と丁度の量なんですよね笑(もし余ったら、パスタなどに絡めてもおいしいよ✌)

 

それでは、いってみよう~!

 

 

🍖🍳🍅🧀🍄🍖🍳🍅🧀🍄

 

 

材料はこちら💁‍♂️<3~4個分

・玉ねぎ2分の1個(みじん切り)

A あいびき肉350~400g

A 塩3g~4g(約お肉の1%)

B 卵1個

B パン粉30g

B 牛乳30㏄

B ナツメグ3振り

・お好みでしめじ半株

C トマト缶1個(380~400g)

C ケチャップ30g

C 中濃ソース15g

C コンソメキューブ1個

C 醤油小さじ1

C 砂糖小さじ1

・生クリーム50㏄~

・塩で味を調える

・お好みでピザ用チーズ好きなだけ

 

まず、ハンバーグを作るにあたって肉汁を外に逃がさないためのポイントが3つほどあります。これを意識すると肉汁たっぷりのハンバーグに仕上がりやすい!

❶焼く前のお肉をできる限り温めない

❷お肉+塩でしっかりとこねる

❸焼く前のお肉は表面を滑らかに

 

さて、それでは作っていきましょう

 

玉ねぎはみじん切りにして、あらかじめ500wで3分レンチンしてから、冷蔵庫で十分に冷やしておきます。(これは❶のお肉を温めないに該当)

 

ボウルにAを入れて、白っぽくなるまでよくこねたら

Bを加えて

更にこね、3~4等分します

両手に油をつけて

肉だねの表面が滑らかになるように形成!(ポイント❸に該当)

ちなみになんで表面を滑らかにするのかというと、焼いている最中に凸凹した部分や、玉ねぎが飛び出た部分ひびが入った部分から肉汁がどんどん逃げてしまって、仕上がりがパサついたお肉になってしまうから!肉の中の水分ってマジで重要なんです

ちなみに裏技として、ちょっぴり豆腐を加えた肉だねにすると、保水効果が高まってふんわり仕上がったりします✨

 

それでは肉だねを焼いていきましょう!

油orバターをひいたフライパンに入れ

両面に良い焼き色がつくまで中火で焼いていきましょう(2分ずつくらいかな?)

焼き色がついたら、隙間にしめじを投入!軽く炒めます

しめじが少ししんなりしたら、Cを加えて煮詰めます。コンソメはある程度水分を吸ったら、ゴムベラなどでしっかり潰して混ぜた方が良いです◎

ソースが3分の1ほど減ってきたら、生クリームを加え混ぜましょう

我が家は50㏄ほど入れますが、もっとクリーミーにしたい方は80㏄とか100㏄とか加えてもいいと思います。その場合、旨味や塩味が感じにくくなるので、コンソメキューブを半分~1個追加した方が美味しいです🙌

 

最後に塩で味を調えたら、ハンバーグの上にピザチーズを好きなだけのせ

蓋をして弱火で加熱し、溶かしましょう!

じゃ~ん!完成です✨

 

上のチーズを汚さないように盛り付けるには、先にある程度ソースを皿に注いでからお肉をのせるとよいです🙌

チーズは中に入れてもいいんだけど、煮込む場合飛び出ちゃうことが多いのでね…なのであと乗せがおすすめです。もし入れたいなら、スライスチーズを入れるといいよ!ピザチーズよりも出にくい!!

 

煮込みハンバーグって、外に出た肉汁もぜ~んぶ使ってソースにできるから、うま味たっぷりの仕上がりになるし、何よりも生焼けの心配いらず初心者の方や、絶対に失敗したくないときにオススメだったりします。

(あとほら、もしお肉が焦げすぎてもソースでしっかり隠れるし!✌✨)

 

クリスマスとは言わず、失敗したくない日のメインにいかがでしょうか。

それでは、またね👋