BOKUの簡単ンまい飯ブログ

ンまい~簡単な料理レシピを紹介してます

酒粕のダマも怖くない!「もみもみ甘酒」

どうも、ぼくです。

 

本日は「成人の日」

新成人の方、おめでとうございます!

 

自分の時はまだ20歳が成人式の対象だったので、今から15年前の出来事ぁ~…ヒエ!

高校卒業して2年後が成人式だったこともあり、久々に集まったクラスのみんなと初めて飲み会をして「お酒が自由に飲める=成人したんだなぁ!!!」とまず実感。

 

それから徐々に、いろんな契約が親なしでできるようになっていることに気が付き「自分の判断で行動しなきゃいけないのか…」と不安になったことを覚えています。

今の成人は18歳からなので、さらに2年早く契約できるのか…みんなすげぇ…

 

さて。

本当なら祝日だし「ブログ更新お休みするか~」と思っていたのですが、せっかくの成人の日なのでお酒めいたレシピでも載せようかな?と突発的に文章を打っています。(現在、1月9日の5:50…笑)

 

ということで本日のレシピはこちら

「ダマのできないもみもみ甘酒」

実は甘酒って2種類あるのをご存じですか?

 

●米麹から作られている甘酒

一昨年あたりに「飲む点滴」といてブームになっていたのが、この米麹の甘酒。お米のでんぷんを麹の力でブドウ糖オリゴ糖に分解したもので、食べるとほんのり甘く、アルコールが入っていません。

 

●日本酒の搾りかすの甘酒(酒粕

こちらは日本酒の製造工程からできる絞りかすに、水と砂糖を加えて作る甘酒。酒粕100gには約8%のアルコールが含まれているので注意!(市販の酒かすはもっとアルコールは低いですが、子供や妊娠中の方は避けた方が良いと思います。)

 

※細かいことは省きますが、どちらもめちゃくちゃ多くの栄養素が入っています。ビタミンとか、ミネラルとか…腸内環境も整えてくれる✨

 

今回ご紹介するのは、この後者の酒粕の方。酒粕って甘酒以外に料理にも使えるんですが、実はめちゃくちゃダマになりやすい!!!

ぼくも長年、家で甘酒作ってるんですけど、ずっと苦戦してたんです…が!!!やっと最適解を見つけました🙌本日はその方法と一緒に、甘酒レシピも書いていきます

 

それでは、いってみよう~!

 

 

🍶☕👏🍶☕👏🍶☕👏🍶☕👏

 

 

材料はこちら💁‍♂️<2~3杯分

酒粕150g

・砂糖40~50g

・人肌より少し熱いお湯200㏄

・水400㏄

・お好みで塩や生姜チューブ

 

まずはビニール袋に酒粕+砂糖を入れて

全体が柔らかくなるようにモミモミ~

そこに、お湯を少しずつ加えて揉んでいきます。一気に入れるとすぐにダマになるので、本当に少しずつでOK!

全部で200㏄加え終われば、もう勝利も同然(?)

 

ビニールの中身を小鍋に移し

水400㏄を少しずつ加え混ぜたら

お好みで生姜チューブや塩を加え

好みの温度まで温めれば完成~~!

自分は米麹・酒粕どちらの甘酒も飲みますが、癖のある荒々しい酒粕が好きなのでこっちの方が飲む回数多い気がします。(お嫁さんは米麹派)

 

もし、酒粕を使う際にダマに困っているようならお試しあれ!!

 

 

 

 

レシピブログに参加中なので

もしよかったらポチっとお願いします!

 ▼ ▼ ▼

 

 

それでは、またね👋