BOKUの簡単ンまい飯ブログ

ンまい~簡単な料理レシピを紹介してます

フライパンのうまみを使うんだ!!!「ジューシー鶏なすポン」

どうも、ぼくです。

 

突然ですが、肉を焼いた後のフライパンってうまみがたっぷり残っていることをご存じですか?

洋食、もっというならフランス料理ではだいぶ活用される知識で、焼きあがった後に底や側面にへばりついた茶色いものには、香ばしい香りやアミノ酸が凝縮されています。この部分を使ってソースを作るとおいしい!!!✨

 

…ということで本日は、肉焼いた後のフライパンに残った旨味+ポン酢+砂糖最高のたれができちゃう鶏肉料理をご紹介します。

「ジューシー鶏なすポン」

f:id:boku_5656:20220416234603j:plain

まるでサラダのようにもりもり食べれちゃうお手軽メインディッシュ!下に敷いてあるなすが肉の旨味を吸って、うっま〜〜い🙌

 

それでは、いってみよう~!

 

 

🐓🍳🍆🐓🍳🍆🐓🍳🍆🐓🍳🍆

 

 

材料はこちら💁‍♂️<2人分

・なす3本

・大根3分の1本

・鶏肉2枚(大きかったら1枚)

A 塩ふたつまみ

A にんにくチューブ小さじ1

・ 片栗粉小さじ1

B ポン酢60㏄

B 砂糖小さじ1

 

まずは下準備!

なす3本のヘタを落としラップで包んだら、500wで7分チン!

f:id:boku_5656:20220416234616j:plain

しっかり火が通ってくたくたになったら流水or氷水に入れて

f:id:boku_5656:20220416234621j:plain

好みの細かさに割いておきましょう(水けをしっかり絞って冷蔵庫へ~)

f:id:boku_5656:20220416234455j:plain

 

さらにもう一つ準備☝

大根3分の1本(今回は約450gでした)をすりおろし

f:id:boku_5656:20220416234607j:plain

半分の重さになるまで水けを絞って冷やしておきましょう!

f:id:boku_5656:20220416234612j:plain

 

そうしたら鶏肉を焼いていきます。鶏肉にAをまぶし

f:id:boku_5656:20220416234505j:plain

最後に片栗粉を薄くはたいたら

f:id:boku_5656:20220416234509j:plain

フライパンで両面焼いていきます。この時、分厚い部分は開いておくと◎(生焼けを防ぐよ!)

f:id:boku_5656:20220416234500j:plain

 

 

余談ですがジューシーに焼くなら…

皮目を下にして弱めの中火で

焼き色がつくまで焼く(3分程)

f:id:boku_5656:20220416234514j:plain

  ↓

お酒を大さじ2加えて蓋をし

弱火で5分蒸し焼きにする

(厚めの肉の場合は6〜7分)

f:id:boku_5656:20220416234518j:plain

f:id:boku_5656:20220416234523j:plain

  ↓

竹串をさして出てくる肉汁が透明に

なっていたら火が入っている証拠!

ひっくり返して身の方を30秒だけ焼く

f:id:boku_5656:20220416234527j:plain

  ↓

これで完成!!!!

 

逆に皮をバリッバリにしたい場合は

皮目を下にしてフライ返しで常に

押しながら弱火で5〜6分焼く

  ↓

裏返して3分ほど焼くとよいです。

蓋はしない! すると水分みを帯びちゃう!!!それと、焼いた後すぐ肉をカットすると肉汁がドバーッとでてしまうので、少し休ませてから切るのがおすすめです✨

 

そんなこんなで鶏肉を焼いたら、そのフライパンにBを加えて軽く混ぜ、ソースをつくります。

f:id:boku_5656:20220416234532j:plain

f:id:boku_5656:20220416234537j:plain

 

あとはお皿に、割いたなす→カットした肉→大根3分の1本をおろしたもの→たれをかけて完成🙌✨お好んで青ネギを散らしても!

f:id:boku_5656:20220416234546j:plain

f:id:boku_5656:20220416234550j:plain

f:id:boku_5656:20220416234554j:plain

大根となすのおかげで、するする鶏肉が口の中に吸い込まれていきます!!!笑

 

鶏肉は、片栗粉をまぶすことで水分を逃さずジューシーに仕上がるし、たれもよく絡みやすくなって一石二鳥✌✨なによりたれがうめぇ…(ポン酢と砂糖だけとは思えない)

 

是非、お手軽一品にいかがでしょうか!

それでは、またね👋