B◓KUの簡単ンまい飯ブログ

ンまい~簡単な料理レシピを紹介してます

肉汁じゅわ〜な基本のハンバーグ

今日は久々のしっかり雨。朝7時に仕事を終えてベットに入ったのですが、窓越しに聞こえる強めの雨音が心地よくて、しばらく聞き入ってました。どうも、ぼくです。

 

通勤している会社員の方には申し訳ない。雨、めっちゃ嫌ですよね。ぼくも会社員だったころは凄まじく嫌いでした。

 

会社に着くと人一倍ずぶ濡れで、よく上司に「天才的に傘がさすのが下手だねぇ〜」と笑われたのでした。

(何故こんなに濡れるのか理由がわからない…)

 

 

 

 

さて、本日は基本のハンバーグレシピを。

f:id:boku_5656:20190521154103j:image

ぼくのハンバーグは

・時短

・肉の味が甘め

・やわらか〜

・肉汁じゅわ〜

がお好みの方向けです。

 

 

 

それでは、いってみよ〜!

🍴🍳🍴🍳🍴🍳

 

❶たまねぎ2分の1個をみじん切りにしたら耐熱皿に乗せ、ラップをせずに500wで3分半レンジ加熱したら冷ましておく。

(もちろん、フライパンでじっくり炒めたまねぎにしてもらっても🙆‍♂️)

f:id:boku_5656:20190521154125j:image

レンチン、めっちゃ楽なんですよ…

そして、今の時期は新玉使うと🙆‍♂️めちゃくちゃジューシーで甘めの仕上がりになります。f:id:boku_5656:20190521154147j:image

 

❷食パン20gに牛乳30ccを浸してペーストを作る。

ボウルに食パンペーストと❶の玉ねぎ、材料を加えて、粘り気がでるまでよく混ぜる。

・合挽き肉 350g

・卵 1個

・塩 小さじ3分の2

・こしょう 少々

ナツメグ 少々

f:id:boku_5656:20190521154115j:image


f:id:boku_5656:20190521154118j:image


f:id:boku_5656:20190521154137j:image


f:id:boku_5656:20190521154133j:image

 

❸肉ダネを4等分して形成したら、中火で(だいたい3分)焼いていく。片面が焼けたらひっくり返して、材料を入れ、蓋をして少し火を弱めて3分蒸し焼きに。サイド蓋を取り、水分がなくなるまで焼けば完成!

・水 大さじ2

・酒 大さじ2


f:id:boku_5656:20190521154111j:image

片面は良い焼き色!
f:id:boku_5656:20190521154129j:image

水と酒を加えて蒸し焼きにするよ〜!
f:id:boku_5656:20190521154122j:image

 

〜おまけのソース〜

お好みのソースをかけても全然良いのですが、我が家はここに材料を入れて一緒に軽く煮ちゃいます。(絡ませるイメージ)

・ケチャップ 大さじ3

ウスターソース 大さじ2

・バター 5g

f:id:boku_5656:20190521182346j:image
f:id:boku_5656:20190521182349j:image

 

 

今度こそ!完成です!!!
f:id:boku_5656:20190521153825j:image
f:id:boku_5656:20190521154107j:image

 

切ると肉汁じゅわ〜だよ!!!
f:id:boku_5656:20190521154142j:image

 

 

最初に言った

・時短

・肉の味が甘め

・やわらか〜

・肉汁じゅわ〜

 

 

ですが

時短→玉ねぎをレンチンする

肉の味が甘め→新玉使用、食パン効果

やわらか〜→蒸し焼き、食パン効果

肉汁じゅわ〜→新玉効果、蒸し焼き

 

なかんじの内訳です。

 

 

ちなみに本来、ハンバーグの塩加減は総重量に対して0.8〜1%が良いらしいですよ!

今回は肉350gとその他の材料に対して「塩小さじ3分の2=3.3g」

多分少し少なめなのだと思います。が、個人的にはそこまで気にして作ってません。笑

(糸のような繊維が見えるまで、よく捏ねることの方が大事かなぁと)

 

あと、温かい手で捏ねるのもよくないって言いますよね。夏場は氷水を張ったボウルの上でこねたり、木ベラやゴムベラなんかで混ぜるのもよいです。ほら、手もベタベタにならないし(笑)

 

 

個人的にめちゃ急いでる時に最強なのは…ビニールに全部材料入れて、めちゃくちゃに揉む方法。洗い物ゼロ。強い💪(  ˘ ˘  )

 

 

よろしければ作ってみてください!

 

 

 

だんだん雨も上がって、蒸し蒸ししてきましたね〜!明日が恐ろしい!カラッと晴れてくれ〜☀︎🙏☀︎

 

 

 

それでは、またね。